ジェンヘアのミノキシジル5%ローションの事について詳しく知りたい

ジェンヘア社の看板商品「ミノキシジル5%ローション」は塗るタイプの育毛剤!

 

「飲むだけでは物足らない!」

 

「副作用が怖くて内服液はちょっと?!」と言う方にうってつけの商品がこの「ミノキシジル5%ローション」です。

 

外用タイプの「ミノキシジル」とはいったいどんな効果があるのか?

 

ちょっと詳しく調べてみましょう。

 

 

●ジェンヘアーのミノキシジル5%ローションの特徴

 

ジェンヘアーでは看板商品とも言える「5%のミノキシジルローション」は脱毛症に効果的な外用薬です。

 

ミノキシジルは本来、血管拡張剤として開発されました。
その開発途中の段階で「この成分は脱毛予防、育毛に効果があるのでは?」と気付いたことにより育毛剤として研究され実績をあげた経緯があります。

 

ミノキシジルは錠剤や液体など飲むタイプのものが多くありますが、どうしても口にいれての副作用を嫌がるといった傾向がみられるようです。

 

今回ご紹介の「ミノキシジル5%ローション」は気になるところに塗るタイプ!
内服に抵抗のある方にはとても良い商品です。

 

一般的には内服タイプの方が効果が強いとされます。
その分、副作用のリスクも高くなるのでまずは外用タイプをお勧めします。

 

 

●ミノキシジル5%ローションの用法と注意事項

 

ミノキシジルローションは5%にする事で濃度を抑えています。
通常2〜4か月ほどで効果が現れるでしょう。

 

使用方法は1日2回毛髪の薄い部分に付属のスプレーで約1ml塗布します。
60mlの商品だと1ヶ月が目安です。

 

多く塗っても少なくても高価は半減しますので指示量をお守りください。

 

この商品は男性型脱毛症専門とお考えください。

 

脱毛症でない方や、女性、未成年は使用できませんのでご注意ください。

 

副作用として手足のむくみ、顔の毛の過剰生成、体重の極端な増加、頭痛、めまいなどが考えられます。
一時的なものですが症状が長引く場合は医師への相談をお願いします。

 

とまあ、こんな感じです。
今回は、海外商品個人輸入代行の「オオサカ堂」さんの商品紹介から引用させていただきましたが、残念なことに現在、ジェンヘアーの商品が品切れ状態が多いようです。

 

ミノキシジル15%がだめとか、5%は今後販売されるとかのうわさも出ていますが真相は判っていません。

 

現在、代用品としてロゲイン、リアップ、ポラリスなどが有力候補です。

正規品のミノタブ、プロペシア等が購入できます。

ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!

その他育毛剤やシャンプーについて記事一覧

アロビックス外用液に限らず医薬品には薬価と言う価格表示があります。これはいったい何を意味するのでしょうか?薬価の表示を通販価格の表示と比較しても、どちらが安いのかなんて判りませんよね。でも、少しでも安く買い物したいですよね。薬価とはどういうものなのか?通販価格はどこで買っても同じなのか?通販で買い物するのに必要な情報について調べてみる事にしましょう。●医薬品の薬価とは何なのか?ジェネリックはなぜ安...


ジェンヘアーといえば、頭皮に塗るタイプの育毛剤で注目を集めているメーカーです。そしてそのシリーズの中には、確かにフィナステリドを含有したローションタイプのものがあります。通常フィナステリドは内服薬として用いられます。オリジナル品であるプロペシア、そしてそのジェネリックであるフィンペシアなどがそうですね。このフィナステリドを使った外用薬は、私が知る有名ドコロとしては、このジェンヘアーのものが唯一のも...


アメリカの育毛剤メーカーであるジェンヘアー。高濃度のミノキシジルを配合する育毛剤を販売しており、海外では大人気商品となっているようですね。またジェンヘアーはただ単に濃度が高いだけでなく、敏感肌用など様々な種類の育毛剤を取り揃えているのも特長的です。そしてその中のひとつであるのがミノキシジル5%クリーム。一体どのような特長があり、どのような方におすすめの育毛剤なのでしょうか。ミノキシジル5%クリーム...


AGA治療の定番の薬といえばプロペシアでしたが、ここ最近はアボルブジェネリックが注目を集めています。アボルブの成分はデュタステリドと呼ばれる前立腺肥大症の治療薬に使われる成分が配合。元々は薄毛治療に使われていた薬ではありませんでしたがデュタステリドを服用していた人に脱毛抑制の効果が確認され、一躍脚光を浴び、2009年には韓国で男性型脱毛症の治療薬として正式に認可されたほど。その人気は世界中で評判と...


アボルブは今、プロペシアと並んでAGA治療に効果がある医薬品として注目を集めていますが、効果が高いと評判を集める一方で、副作用の危険性が高いのではないかという声も。しかし具体的にプロペシアよりも副作用が高くなったというデータはないのであくまで憶測に過ぎません。アボルブの副作用として挙げられる代表的なものは蕁麻疹やアレルギー反応などの過敏症、リビドー減退や抗うつ症状などの精神系症状、勃起不全や射精障...


ロゲインは、ミノキシジルを主成分としたAGA治療薬で、5%とはそのミノキシジルの濃度を示しています。この他に、2%の含有率のロゲインも存在します。ミノキシジルはもともと高血圧の治療用として開発されてきた成分ですが、副作用の一つとして発毛促進や脱毛改善が発見され、アメリカのアップジョン社が正式にAGA治療薬としての認可を取り付けました。その製品名がロゲインであり、日本ではリアップの名前で生産・販売さ...


ロゲイン5%の購入をお考えなら、ダントツに安いのがオオサカ堂!例えば、ロゲイン5%2本入り+スポイト1本が5232円。それに対し、安い価格で定評のあるアイドラッグストアでさえもロゲイン5%2本入りスポイトなし6080円。価格面やサービス面を含めても、オオサカ堂がナンバーワンということがわかります。ロゲイン5%の1本当たりの単価はオオサカ堂でいうとだいたい2600円程度!日本で販売されているミノキシ...


それには良い方法と悪い方法と凄く悪い方法があります。では凄く悪い方法から。どなたか海外旅行などに行った際に、こっそりと大量に買ってもらってきてください。でもおそらく税関で引っかかりますし、最悪警察沙汰です。従って、絶対に止めてください。では悪い方法はというと、ネットで「ロゲイン ジェネリック 激安 最安値」などで検索しまくって、もっとも安いところから買う(個人輸入する)ことです。検索用語を英語にし...


ロゲインは、ミノキシジルというAGA治療成分を5%含有したAGA治療用外用薬です。他に含有率2%の製品もあります。ミノキシジルは、高血圧症治療用に開発された血管拡張剤なのですが、AGA(男性型脱毛症)にも効果があることが判明し、世界各国の公式機関で正式にAGA治療薬として認証されています。正しい使い方は、一日一回、決まった時間に毎日かかさず頭皮に塗り込むことです。「毎日かかさず」が最大のポイントで...


ロゲインは5%のミノキシジルを含んだものが一般的ですが、現在10%を含んだものが一部で発売されているという噂があります。その商品が売られているところを調べてみたところ「ダイエットクリニック」と呼ばれる通販サイトで販売されていることが判明!販売元はABWY Corporation。正直知名度としてはかなり低いかもしれません・・。AGA治療の有効な成分を配合した医薬品を取り扱っている通販サイトと言えば...


楽天市場においては残念ながら、今のところロゲインの取り扱いはないようです。以前はあったようですので、恐らくは何らかの規制が入ったのでしょうか。ご存じのように楽天の三木谷社長は医薬品の通販全面解禁に向けて精力的に動いているようですから、今後に期待と言うことですね。ちなみに通販と言えばAmazonも楽天と並ぶ双璧ですが、こちらのでも取り扱いはありません。ただし注意することとして、どちらも「関連製品」が...


輸入ですからその日の為替相場、輸出元の在庫状況などに左右されます。また、これはある意味運なのですが、配達時に関税をとられる可能性もあります。それに単品なのか、パック品なのか、あるいは他の医薬品とのセット品なのか似よってもけっこう価格は動きます。そういった不確定要素はあるものの、現時点においてはおよそ¥5000から¥6000くらいが相場でしょうか(メーカー純正品、送料・手数料は別)でも確かに価格も気...


ロゲインと言えば、世界的に知られた育毛剤。(日本名ではリアップの名前で販売されている。)ミノキシジルを含んだ育毛剤は他には販売されていないため、その効果を信じて多くの愛用者がいて育毛剤の代表的存在と言って良いでしょう。実際に使用した人の意見にはどのような口コミがあるのでしょうか。多い意見としては「2ヶ月使用してやや産毛が生えてきた!」、「プロペシアを併用するとだんだんと地肌の薄い部分が見えなくなっ...


子供の時の生え際は、将来のおでこの形では?2人の息子を持つ父親ですが、自身も、軽くM字のおでこになりつつあります。息子2人とも赤ちゃんの時は激しいM字。今は、上7歳、下3歳になり少しづつ生え際も安定してまいりましたが、これは、もしかして赤ちゃんの時の生え際が、将来のの生え際なのでは?と感じ始めました。そこで、自分の赤ちゃんの頃の写真を引っ張り出してみると、見事にM字のおでこでした。これは、自分と、...


絶対に発毛するとは断言できませんが、ロゲインは脱毛症に対して効果のある医薬品の一つです。ロゲインの主成分であるミノキシジルは、もともとは高血圧用の薬として開発された血管拡張剤です。開発中に発毛効果があることが認められ、後にAGA(男性型脱毛症)治療薬として世に出ました。従って発毛効果に個人差があるのは当然ですし、そのハゲの原因がAGAとは異なるもの(内臓疾患や皮膚病など)であれば、効果がない可能性...


ロゲインの日本版がリアップですので、効果は基本的に同じです。どちらも、ミノキシジルというAGA治療成分を主としています。ミノキシジルは血管拡張薬の一種ですが、頭皮の血行促進の他にもある種の発毛促進効果を持つことが治験で確かめられています。(ただしその発毛メカニズムは完全に解明されていません)当時、ミノキシジルは内服すると副作用(頭皮のかゆみ、頭痛、性的不能など)が強すぎると判断されたため、外用薬と...


ロゲインは海外の医薬品を取り扱っている個人輸入代行業者のみでしか購入することができません。ちなみにロゲインには泡状タイプのものと液状タイプのものがあります。そして女性専用のロゲインもあるのでを購入の際はしっかりとチェックしてから購入するのようにしましょう。価格ですが、大体1本4000円から5000円程度というのが相場となっています。安い通販サイトをいくつかピックアップして比較すると、アイドラッグス...


アマゾンで取り扱いがあれば私もアマゾンで買うのですが、残念ながら取り扱っていないようです。現時点において、検索しても関連商品しかでてきません。日本ではまだ医薬品の通販の解禁は検討中の段階にありますし、天下のアマゾンといえども行政には従わざるを得ないようです。さて、若ハゲ、いわゆるAGA(男性型脱毛症)には対策がいろいろとありますが、植毛やカツラなどをのぞけば、結局は薬の使用という所になるでしょうか...


ロゲイン5%薬は、ミノキシジルを5%含有したAGA治療薬です。ミノキシジルの副作用としては、下記のものが上げられます。・頭皮のかゆみ・ニキビの発生・性欲減退・性的不能・顔の紅潮・手足の痺れ・顔、手足のむくみなどなどどれも一応軽い症状のものが多いとされていますが、もしロゲイン使用中に上記のような症状が現れたら、自分で判断しないですぐ医者に相談するべきでしょう。またごくまれではあるようですが、循環器疾...


フィナロの使用を考えていますが、初期脱毛などの副作用が心配です。フィナロはAGA治療成分フィナステリドを含有する、フィンペシアのジェネリック医薬品です。したがって副作用はフィナステリドと同一のものが発症する可能性があります。フィナステリドはDHTという男性ホルモンの生成を抑制する成分です。DHTは頭皮においては毛根を詰まらせるなどして、結果的に男性型脱毛症の大きな原因となります。また前立腺などの内...


チャップアップの口コミ2chの評判はどう?さまざまな口コミサイトがあるなかでいつも厳しい口コをされるのが「2ch」のサイトです。特に、不評なものは徹底的に叩かれるこのサイトで「チャッブアップの評判」はどうなのか?チャッブアップに興味を持った方々の正直な意見を覗いてみたいと思います。●チャップアップの2chの書き込みそっそく2chでの投稿をあつめてみました。参考までにご覧下さい。・最近、ブブカより好...