胃への影響が大きい!?フロジン液の副作用とは?

フロジン液,副作用

フロジン液は発毛効果がある塩化カルプロニウムが入っています。

現在医学的に発毛効果が認められているのは、塩化カルプロニウムとミノキシジルだけ!

 

これ以外は一切発毛が認められている成分がありませんから塩化カルプロニウムを含んだフロジン液にも注目が集まっています。
しかし、効果はあると認められているもののミノキシジルほどの作用は残念ながら確認されていません。

 

フロジン液だけを使用していてもなかなか薄毛改善は厳しいでしょう。
しかもフロジン液は消化器系に副作用の危険性があり、使用に躊躇してしまう人が多いというのが現状!

 

具体的には、吐き気、嘔吐、胸焼け、胸部圧迫、発汗、腹痛、下痢などの症状が報告されています。
もともとは胃炎などの消化器系疾患を治す薬として使用されていたため、消化器系統へ影響が成分。

 

場合によってはこのような副作用が働いてしまうケースがあるので注意が必要です。

フロジン液を使うならミノキシジルを使用した方がより効果的!

どのような薬でも副作用というのはつき物ですが、あまり薄毛改善の効果が見られないフロジン液を使うのであれば、同じ発毛効果があるミノキシジルを使用した方がコスト的にはやや高いですが、長い目で見れば効果に歴然とした差が生まれてきます。

 

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでも、フロジン液よりミノキシジルの方が効果が高いとして推奨されています。

 

ミノキシジルはフロジン液とは違い胃で消化されるわけでもないので消化器系統への影響はありません。
副作用など総合的に考慮してもミノキシジルのほうがAGA治療にあっている薬といえます。

 

 

関連記事はこちら

正規品のミノタブ、プロペシア等が購入できます。

ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!